見上げている女性

グローバルなやり取り

「サクセス」と書いたボードを持つ男性

海外をぐっと身近にしたのは移動手段の発達が一番の要因である。
飛行機であれば隣の国韓国には二時間程度で向かうことができるようになった。
沖縄から東京まで2時間半以上かかることを考えれば、国内よりも海外の方が身近であるといえる。
しかし、国内旅行をする人の大半は、日本国内は言葉が通じるから便利という理由で旅行地を国内に選んでいるという現状がある。
こんなに身近になった海外に行くことを億劫にさせているのは、言語の壁である。
しかし、英会話の力を身につけることができれば、隣国のみならず世界中が今よりも更に身近になるはずである。
そのために英会話を学ぶことのできる教室があり、便利に利用することができる。

英語は学校教育でも学んできているので、ある程度の基礎は日本人全員にあるといえる。
そうした基礎力をさらに伸ばすには、自分の能力に合わせた教室選びは欠かせない。
基礎の基礎から始めたいという人、基礎力を伸ばしたいという人、日常会話はマスターしており、高度な英会話力をさらに身に付けたいという人、それぞれによって能力が異なる。
英会話教室はTOEICの点数を上げるために対策している教室や、日常的なネイティブな会話を身につけるための教室など、教室によって特色がある。
また、子どものための英会話教室と大人のための教室はまったく異なるシステムが用意されているので、適切なものを選ぶ必要がある。
ここではその選び方について説明していく。

写真ギャラリー

オススメリンク

目的によって違う

黒板と先生

英語力を身に付けたい、と一言で言っても、英会話教室の種類は沢山ある。選び方としては、最終的に自分がどんな英語力を身に付けたいかどうかである。ビジネスや日常会話かによっても選び方は変わる。

Read more

制度の違い

ホワイトボードに書く女性

英会話教室の選び方にはもうひとつポイントがあり、それがシステムである。プライベートレッスン型か、グループセッション型などがあり、その他にも予約の取り方に固定制や予約制などがある。

Read more

体験レッスンを利用

ガッツポーズする女性

色んな点を吟味し、ある程度教室を絞り込んだ後は、体験レッスンを利用し、最終的に英会話教室を決定した方が良いといえる。体験レッスンが無料で行われているところであれば、より便利に検討することができる。

Read more